メリットがあるかを確認

硬貨と家

ケースバイケースで選択

不動産の仲介業者を選ぶか買取業者を選ぶかで迷ったときには、どちらにメリットがあるかを確認することが大切です。不動産仲介によって売却した方が高く売れることが多いのは確かですが、買主が見つからない限りは売買は成立しません。不動産買取の場合には仲介に比べると価格が安くなってしまいがちですが、買主は最初から買取業者と決まっているのですぐに売ることが可能です。この違いを理解してメリットがある方はどちらかをまずは考えましょう。不動産買取を選ぶときとして典型的なのはお金がすぐに欲しいときと売れない可能性が高い不動産を売却したいときです。不動産買取では買取業者に相談してから一週間程度で売買が成立することもあります。借金があったり財産分与の兼ね合いがあったりして一刻も早く確実に現金化したいというときに優れているのが不動産買取です。一方、狭小地や田舎の物件、築年数の極端に古い収益物件などのようになかなか買ってくれるとは思えないような不動産を売りたいときにも不動産買取は成立します。仲介を依頼してみたものの、売れない可能性が高いという話をされてしまう場合もあるでしょう。そのときにはあえて仲介を依頼して売れないで悩むよりも、不動産買取を利用してしまった方が決まりがついてしまうメリットがあります。しかし、売れそうな不動産を時間をかけてでも高く売りたいというときには不動産仲介の方が優れているのは確かであり、ケースバイケースで選ぶことが大切です。